2012年06月30日

【モバイルノートの最高峰】ソニー VAIO Z


最高峰のモバイルノート ソニー VAIO Z を紹介します。

この機種は、今流行のウルトラブックを超えたモバイルノートなのです。

VAIO Z
  *画像は、Sony HPより引用

そのVAIO Zの中でも、新しく発売されたプレミアムカーボンモデルがお薦めです。

外観がカーボン製でとってもカッコよく、所有欲を大満足させる一品です。

これに対抗できる質感を持つのは、Appleのノートブックくらいですね。

性能は、第三世代core i7、SSDを搭載していますから何の不足もありません。

しかもCPUは通常電圧版ですから、超低電圧版を搭載する他のノートPCとは格が違います。

なお、この機種は薄型・軽量・長時間駆動でウルトラブックの要件を満たしているのですが、CPUが通常電圧版で性能が高すぎるので、ウルトラブックと呼べないのです。

まさに最強のモバイルPCと呼べるでしょう。

価格は、最低構成でも12万円以上しますが、価格以上の価値があるPCといえると思います。

重量は1.15Kgしかありませんから、どこにでも気軽に持ち運びできますね。


posted by 家電王 at 17:40| Comment(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月27日

【第三世代core i5搭載で42980円】Lenovo G580 26897SJ


第三世代のcore i5を搭載しながら、なんと実売42,980円のノートPCを紹介します。

それは、Lenovo社製 G580 26897SJ です。

この機種は2012年6月に発売されたばかりの、バリバリの新製品です。

Lenovo G580 26897SJ
  *画像は、Lenovo HPより引用

デザインはシンプルですが重厚感があってなかなかグット!。

モニターは15.6インチと大画面で作業性は良いです。

性能は、第三世代のcore i5を搭載していますからサクサク快適に動作します。

標準ではメモリが2GBとちょっと少ないので、画像編集など重いソフトを動かす方は、増設した方がよいでしょう。

ネットや動画鑑賞がメインなら、標準の2GBで十分です。

グラフィックはIntel HD Graphics 4000を搭載していますから、簡単な3Dゲームなら十分に楽しめます。

低価格ながら、十分満足できる性能を有したPCと言えるでしょう。

お薦めです。

posted by 家電王 at 18:05| Comment(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月21日

【死角無しのウルトラブック】東芝 dynabook R632


東芝のウルトラブック dynabook R631 は、薄型軽量ボディ・性能・価格のバランスが良く人気の機種でしたが、その後継モデルが発売となりました。

新機種は、dynabook R632

先代のR631でも十分なスペックでしたが、R632はさらに強化されています。

画像は、価格.comのHPで確認してください。

CPUは、第三世代のcore i5が採用されています。

低消費電力ながら、高速な演算処理でサクサク快適に動きます。

また"インテルHDグラフィックス4000"の採用により、グラフィックス機能も大幅に強化。

ストレージは128GBのSSDですが、リードライト速度が2倍以上に向上。

メモリは4GBですが、DDR3-1333からDDR3-1600へとスピードアップ。

以上のように、性能アップにつながる数々の変更がなされています。

ボディーカラーは、新色シャンパンゴールドが追加されました。

コレがなかなかオシャレな色ですので、特に女性にお薦めです。

ウルトラブックで重視されるモバイル性は、重量は1.12Kg、バッテリーは9時間駆動と、とても優秀です。

これにOffice Home and Business 201が付属して、107,800円

国産メーカー製ながら、価格でも海外製品に負けていませんね。

性能の良いモバイルノートをお探しの方には、ピッタリの商品です。


posted by 家電王 at 17:14| Comment(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。